シートン法ってどんな手術?

痔ろう体験記 

シートン法ってどんな手術?

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”
簡単にシートン法の手術の説明をしてもらいました。

このシートン法では痔ろうの再発の

可能性が他の手術より少ないそうです。

再発の可能性が少ないとゆうのはかなり魅力的です。

もう二度と再発して欲しくないので

再発の可能性が少ないのであれば

それに越したことは無い。

以前してもらった手術ではメスで患部を取り除く手術でしたが、

このシートン法はゴムを使って患部を取り除くのだそうです。

メスで痔ろうの患部を取り除くときには

肛門周辺の筋肉にもメスを入れないといけません。

肛門の筋肉をメスで切ると手術後に

肛門が緩くなってしまいますから

大胆にザックリ切ることが難しいらしいのですが、

シートン法でゴムを使ってゆっくり

日にちをかけて少しずつ切っていくと、

肛門が緩くならずに、悪い患部を取り除くことが

出来るそうです。

不思議ですが、

ゆっくり毎日何ミリかづつゴムで縛って切り裂いていけば

肛門周辺の筋肉が少しづつ切れたところから

再生されて肛門の機能が損なわれないそうです。

もっと不思議なのはこの手術の原型が

紀元前からあったゆうことです。

紀元前のインドで行われていた痔ろうの手術だそうです。

紀元前のインドでも痔ろうに苦しんでいた人がいたんですね。

2000年以上前の治療法が今

現在に使われている不思議。驚きました。

当時のインドではゴムではなく薬草を

つむいで作った紐を使っていたそうです。



再発率が少なくて、肛門が緩くならずに済むのであれば、

いいことずくしだなぁー。

でも1つ欠点があるそうです。

時間がかかるのです。何ヶ月か治療にかかるのです。

大体3ヶ月くらいかかるそうです。

3ヶ月か?長いなー。どうしよう?

3ヶ月がんばって再発率の少ないシートン法をしてもらうか

以前のように早く治るけど再発率が

シートン法より高い手術をするか?

少し悩んでいましたが、再発率の少ないシートン法の手術

をこの病院でしてもらうことに決めました。

           ホームへ   次へ






痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品
痔ろう体験記