肛門周囲膿瘍とは

肛門周囲膿瘍はお尻に膿が溜まってかなりの痛みと熱が出ます。膿を出すと熱も痛みも無くなります。肛門と直腸の境目の歯状線にある肛門陰窩と呼ばれる小さな穴に下痢状態の便が入り込みその液状の便の中の菌から感染症を起こして炎症が始まり膿が溜まります。その膿が出口を求めて体の中をどんどん膿のトンネルと掘っていきお尻の皮膚の表面近くまで来た状態が肛門周囲膿瘍です。
戻る

次へ