再発のきっかけ

初めは前回手術した痔ろうの横に小さなオデキ(ふんりゅう腫)が出来ていました。それを放置していたところ、そのオデキが炎症してしまい痛みが出るようになりました。そのまま放置を続けていると、ついに痔ろうの傷跡まで痛くなったのです。慌てて前回手術した病院へ連絡を取ろうとしたのですが、その病院は先生がお年で引退したらしく、病院はやっていなかった。また病院探しをして肛門科の病院を見つけて診察を受け、痔ろうが再発している事を告げられた。
戻る

次へ