マジックオブポリネシア2

痔ろう体験記 




マジックオブポリネシア2
痔を改善する!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」
散々、笑われてもう嫌になったから舞台を降りて帰ろうとしたときに

まだ舞台にいてくださいと言われ、しかたなく舞台にいました。

マジシャンが英語でしゃべっています。これから舞台で

アシスタントの女性とマジックをします。

アシスタントの女性に箱に入ってもらいます。

そして彼女を箱から消します。

横にいる日本人にはそのまま横で見ていてもらいます。

ふーん、じゃ俺は横で見ているだけでいいんだなー。

ヒアリングは多少できるから言っていることはわかる。



舞台に箱が用意されマジシャンがアシスタントに

”さあ箱に入ってください”とマイクを使って会場に言います。

アシスタントが箱に入ります。

すると、マジシャンがマイクを使わずに小さな声で私に

しゃべりかけてきました、それも日本語で!

びっくりした、おまえ日本語しゃべれるの?

”あなた早く箱に入ってください”



でもあんた、さっきマイクで箱にはアシスタントの彼女が

入るって英語で言ってたやん、日本人の彼は

横で見ていてもらうって英語で言ってたやん。話が違うやん!



”いいから、早く箱に入って”怖い顔で俺に言うの。

わけがわからん事を言うやつだな〜仕方がないから

箱に入ろうと片足を入れた。



するとマジシャンの顔が怖い顔から勝ち誇ったような

笑みを含んだ笑い顔に変わった。まんまと引っかかったなー

とゆうような顔で英語でマイクを使ってしゃべりだした



”おかしな日本人ですね〜。あなたは箱には入ってはいけません。”

”箱に入るのはアシスタントの女性だけです。”

”あなたは横で見てなければいけないのに”



そうマジシャンが英語で言うと

会場のアメリカ人はまた大爆笑。

英語のわからない日本人がアシスタントの女性が箱に入ろうと

すると、わけもわからず自分も一緒に入ろうとしている

ように見えているからです。実際は違うんやけど・・・。



まんまとはめられた〜。結局舞台の上で散々からかわれて

舞台での役目が終わって帰りには

記念のTシャツをもらって帰りました。

ちょっとムカついたけど、まあ今ではいい思い出です。

Tシャツは今でも家に保管しています。

このTシャツを見るとシートン法のゴムひもが入ったまま

ハワイでのマジックの舞台に上がったことを思い出します。

痔ろう体験記ホームへ 次へ 
帰国して痔の病院へ

        





痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品
痔ろう体験記