肛門周囲膿瘍とは

痔ろう体験記 






肛門周囲膿瘍とは


1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”
痔ろうの前段階の状態。

肛門の歯状線の肛門腺窩にバイ菌が入り込み

その部分から炎症が起こって膿が溜まり、

その膿が出口を求めてどんどんお尻の中を穴を掘るように

掘り進み膿を溜めていきます。


この状態になると38度を越える

高熱が出て激痛を伴うことがあります。

お尻に溜まった膿を出すと熱も下がり、痛みもなくなります。


肛門周囲膿瘍は下痢症の人がなりやすいと言われています。

肛門の歯状線の肛門腺窩は

小さなポケットのような小さな窪みが

あり、この部分に下痢をした時の

液体状の便が入り込み、この液体状の便の中の

バイ菌に感染して炎症を起こし膿が溜まっていきます。


通常の便は肛門の歯状線の肛門腺窩は小さなポケットに

入り込むようなことは無いのですが液体状の下痢の便は

この小さなポケットに入り込むことがあります。


抵抗力の弱っているときに、下痢をして

肛門の歯状線の肛門腺窩に

菌が入り込んで、感染すると炎症を起こすのです。


予防としては極力、下痢をしないこと、

それに抵抗力を弱めないようにすることなどです。


肛門周囲膿瘍になったら病院へ行って

お尻に溜まった膿を出してもらいましょう。

そうすると、痛みも熱も引いてきます。

         痔ろう体験記ホームへ  





痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品