回復のきざし

痔ろう体験記 




回復のきざし

痔を改善する!痔改善プログラム「いーぢートレーニング」
痔ろうの闘病と失業中のストレスで気分が落ち込んで

精神的に参っていたのが手術後の3,4ヶ月目

くらいの9月から10月くらいでした。

11月に入って痔ろうの治療の

終わりのめどが見えてきました。



シートン法のゴムがあと1本になり、

大きさもあと1cmほどになったので、

もうゴムの取れる日は近いと確信できました。

すると気分的にも元気が出てきます。



落ち込んでいたのが嘘のように、

気持ちが軽くなってきました。

そうなると仕事探しも俄然やる気が出てきます。

病院の診察帰りにめぼしい所をチェックして

そろそろ面接に行こうかなどど考えるようになっていました。

そのころにはもう被害妄想も消えて、事故にあうとか

天井に人がいるなんてことは思わなくなりました。



もうすぐ痔ろうが完治する、そう思うだけで

けっこう幸せな気分になれてしまうくらい

うれしいことだったのです。



嬉しいこと楽しいことを考えるだけで、人間はけっこう

前向きに物事を考えるようになるんですね。

痔ろうの治療の終わりのめどが見えた事が

私のノイローゼの特効薬でした。



もしもう何ヶ月が痔ろうの治療が長く続いていたら・・・・。

本当に頭がおかしくなっていたかも・・・・?

そう考えると怖くなります。

ストレスは抱え込むとだめですよ。

発散しないと、頭が変になりますよ。自分は強いから

大丈夫なんて思っている人がけっこう危ないんですよ。

痔ろうの完治が見えたことで精神的に復活し

仕事探しも楽しく始めることが出来ました。

あとはシートン法のゴムが取れるのを待つだけです。

   痔ろう体験記ホームへ  次へ 完治で幸せ





痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品
痔ろう体験記