痔ろうの手術方法





痔ろうとは
単純痔ろうと
複雑痔ろう
痔ろうの手術方法



痔ろうの手術方法

痔ろうの手術方法は、

切開開放術、

括約筋温存術

シートン法などがあります。

手術方法は症状によって変わってきます。

痔ろうの症状や、痔ろうの場所によっても

手術方法が変わります。

肛門の後ろに出来た痔ろうは切開開放術でザックリと

肉を切断しても肛門に術後の障害が起こらないので

切開開放術で手術をすることができます。

切開開放術は完治率の高い理にかなった手術ですが、

肛門の横や前方のほうに出来た痔ろうに使うと

括約筋を大きく傷つけて肛門機能を損なう可能性があります。


肛門の横や前方に出来た痔ろうには

肛門の括約筋を傷つけないような括約筋温存手術や

シートン法などで手術をすることが多いようです。

括約筋温存術は文字どうり括約筋を傷つけないように

処置をする手術で、切開開放術よりは完治率は落ちます。

シートン法は肛門の横や前方の括約筋が多くある所にも

適用できる手術です。

ゴムなどを使って時間をかけて肉を切っていくため、

括約筋の機能を損なうことなく、肛門の横や前方の痔ろうの

手術ができます。しかし治療に数ヶ月かかってしまいます。


       痔ろう体験記ホームへ