痔ろうの手術を
受けることになる

痔ろう体験記 


痔ろうの手術を受けることになる

医師が考案した低反発円座クッション「お医者さんの円座クッション」

お尻を切開して膿を出してもらい熱が引きました。

椅子に座ると体が傾くほど腫れていた

お尻の腫れが膿を出したことにより

日に日に腫れが引いてき、

何日か休んでいた会社にも元気になって出社しました。

痔で休んでいたことはもうみんな知っています。

はずかしいけど事実だから仕方がない。

なぜか痔ははずかしいんですよね。

どうしてでしょうか?

知り合いに”痔で病院に通っているねん”と告白すると

たいていは笑います。

少数はですが神妙に聞いてくれた人もいました。

痔になっていろいろ病院を

回ってとうとう手術を受けるんやー

と話たところ親身になって聞いてくれてました。

その彼が”実はオレも痔やねん”。脱肛って知ってるか?

”オレ脱肛やねん。いつかは手術を受けたいねんけど

なかなか病院へ行くことができないんやー”って言いました。

手術が終わったらどんな手術か教えてくれと頼まれた。



お尻の炎症が治まってきたので

次に痔ろうの手術を受けることにしました。

痔ろうの管のようになっている部分を

取り除く手術だとゆうことを説明してもらいました。

根治術と言うことで再発は少ない

手術方法だと説明を受けました。

先生の説明を聞いて安心して

手術を受ける気持ちになっていました。

          ホームへ   次へ






痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品
痔ろう体験記