病院を退院

胃潰瘍の体験記ホーム
胃潰瘍の体験記
入院して検査
2回目の胃カメラ
病院を退院
ピロリ菌の除菌
呼気検査
完治までの1年
胃カメラの後やっと点滴がはずれました。

また食事もできるようになりました。

最初の食事は水のような”おかゆ”と鮭のほぐし身とヤクルトでした。

食後2時間ほどして胃が重いような感じの胃もたれがありました。



8月23日
飲み薬を2週間分もらって退院できました。

薬の無くなる2週間後病院へ診察に来てくださいとのことでした。

しかし仕事はまだ無理と言われあと1週間仕事を休みました。

退院していろいろ胃潰瘍に関する本を読み

胃潰瘍の治療に良い食事を調べました。

チーズや乳製品、白身魚やバナナが良いと分かったので。

退院後はこれらの物を積極的に採るようにしました。



9月2日病院へ診察に行く
症状が安定してるので、今後は月1回薬をもらいに行くことになる。

食事は消化に良いもの”おかゆ”やうどんを良く食べていました。



10月13日
3回目の胃カメラ検査

前回喉の麻酔を飲み込めずにカメラを入れるときに苦しい思いをしたので、

今回は喉の麻酔をしっかり飲み込みました。

喉や口のしびれ具合が前回より強烈です。しっかり麻酔が効いてるのかな?

胃カメラを入れていくとやはり前回同様の嚥下作用でオエーってなりましたが。

前回の慣れもあるのか、前回よりは楽になりました。

でも苦しい・・・・。胃カメラって苦しいですね。

以前大腸検査で肛門からカメラ入れたことがありますが

胃カメラのほうが辛い・・・・。

胃カメラの結果ですが、だいぶ良くなってるが、まだ完全ではないそうです。

ピロリ菌はまたしても擬陽性でした。胃潰瘍の治療薬が強力なので

ピロリ菌が出にくいらしい。


ピロリ菌の検査では擬陽性としか出なくてはっきり

ピロリ菌が出てこなかったのですが

先生はピロリ菌を疑ってるらしい。薬の影響で擬陽性となったが

ピロリ菌が胃の中にいる可能性がかなり高いので

ピロリ菌の除菌を行うことになりました。

             胃潰瘍の体験記  ピロリ菌の除菌

がん検査
キット
自宅で
出来る検査


胃の病気に
関する本