2度目のふんりゅう腫
(粉瘤・アテローム)
は顔にできた

ふんりゅう腫
(粉瘤・アテローム)の手術体験
2度目の
ふんりゅう腫
(粉瘤・アテローム)は顔にできた
手術後の小さな傷跡
痔ろうの傷跡の
横に出来た
ふんりゅう腫
(粉瘤・アテローム)
レーザー処理した
ふんりゅう腫
4回目の
ふんりゅう腫
(粉瘤)の手術
5回目は顔










2度目のふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)
は顔にできた

2度目のふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)は顔の頬にできた。

一度お尻に出来て手術を取っているので、

小さいときにすぐに気が付きました。


まずい所にできたなぁ〜

服を着て見えない所ならいいけど、顔はいやだなぁ〜

そう思いましたが、まだ小さいので放置していました。

しかし、ふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)は定期的に

炎症を起こしてだんだん大きくなってきました。


前回は肛門科で痔の手術と一緒についでに取って

もらいましたが、今回はどこの病院で取ろうか?

やっぱり皮膚科、それとも外科?

家の近所には皮膚科があるので、近所の皮膚科へ

行ってみました。


皮膚科へ行って、顔のふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)を

診てもらい、

顔のふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)をこの病院で手術を

して取る事になりました。

顔に傷を残さないように、細かく小さく縫って

出来るだけ傷を残さないようにしてくれるとの事でした。

その皮膚科の先生が言うには、


”ふんりゅう腫(粉瘤・アテローム)の手術は

外科でするより皮膚科で手術をする方が

傷を残さないきれいな手術が出来るんですよ”


皮膚科の先生はそう言いました。

皮膚科の場合は傷を残さないように気を使った

縫い方が出来るのだそうです。

外科で手術をするより傷は残りにくいのだそうです。

あくまでその皮膚科の先生が言った言葉ですが。
ふんりゅう腫
(粉瘤・アテローム)の
手術体験
手術後の小さな傷跡
            痔ろう体験記ホームへ