扁桃腺摘出術の体験
子供の頃から扁桃腺が良く腫れていた私が
扁桃腺の摘出術を受けたときの体験記です。

扁桃腺摘出術の体験ホーム
痔ろう体験記ホーム
子供の頃から扁桃腺が大きくてよく病院で扁桃腺を取ったらどうですか?

と言われていましたが、なかなか手術する決断がつかずに大人になってしまいました。

扁桃腺は風邪を引くたびに腫れあがり、とうとう呼吸が苦しくなるくらいの大きさになって

いました。扁桃腺が大きくなりすぎていつも喉に違和感があるのです。

横になって寝ると、喉の隙間がなくなり息が詰まりそうなくらいの感じです。

扁桃腺のせいで喉が狭くなっているので、物凄くいびきをかくようになり

寝ていても眠りが浅いと自分がいびきをかいて寝ているのがわかるくらいの

状態でした。

耳鼻咽喉科にはもうずいぶん通い、長期間抗生物質を呑んでいました。

週に何度か喉の吸入に病院へ通っていましたが治らず

とうとう手術を勧められました。

手術をしてして頂く先生はまだ若く20代かな?

かなり手術をしたいような感じでした。

同時期に病院へ通っていた私の友達も

手術を勧められていました。

私もこのままの喉の状態でずーっと暮らしていくのは嫌だったので

手術を受けることにしました。

吸入器 
ネブライザー



8月1日
入院初日
9時に病院へ行き、麻酔科、

耳鼻科の順で診察を受け、いざ病棟へ!

抗生物質アレルギーチェック(ツベルクリンの用な注射2回)チクリと痛い

アンケートに記入

看護婦さんと家族構成等について会談する。

その後、点滴を受けて16時から手術についての説明有。



8月2日
2日目
点滴があった位で暇な1日を過ごす。

予想以上に病院食がおいしかった。


8月3日
3日目
午前中に点滴をしてから、爪を切った。

しばらくお風呂に入れないとのことで、入浴する。

明日の手術に備えて21時以降は絶食(飲み物はOK)

ホーム 次へ