病院を決めた理由

痔ろう体験記 




病院を決めた理由

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”
痔ろうの手術をする病院を決めましたが

それには理由があります。

痔の手術をしてもらうための病院探しで

3軒の病院を回ったときに

診察室から患者さんの声が聞こえてきたんです。

その患者さんは以前大きな病院で痔の手術をしたらしいんです。

痔は治ったらしいのですが、

肛門が以前より小さくなっていたのだそうです。

手術後から日がたつにつれてだんだん肛門が小さくなっていき

今では朝トイレに行って排便するときに肛門が小さいので

本人いわく”糸こんにゃくのようなウンチが

でてくるので時間がかかってしょうがない”。

肛門を大きくする手術をして欲しいと言っていました。



その話を聞いていて

その後診察のときに先生に聞きました。

手術をすると肛門が小さくなるのですか?

先生は言いました。

肛門の手術はそこが難しいのです。

肛門は手術後だんだん小さくなっていきます。

初めから普通の大きさにしていては時間がたつにつれて

肛門が小さくなっていくので排便に苦労するのです。

痔が治っても排便に苦労していてダメでしょう?

だから私は肛門をは少し大きめに作ります。

手術後は少し大き目くらいのほうがいい。

それが日がたつにつれて肛門辺りの筋肉も付いてきて

だんだん肛門の穴が小さくなっていき

ちょうど良い位の肛門の大きさになるのです。

その説明を受けてこの先生は名医だと確信し

この病院で手術を受けることにしました。

少し時間のかかった病院探しはこれで終わりました。



手術を受けた後の今の私ならわかりますが、

先生の言われたことは

事実でした。

手術後は肛門の筋肉が手術によってとられているので、

しまりが悪いのですが、

日がたつにつれて肛門周辺の筋肉が付いてきて、

だんだん肛門が締まってきます。

手術後の大きな肛門が1年後には

ちょうど良い大きさのの肛門になりました。

これは経験者しかわからないことだと思います。

           ホームへ   次へ





痔の薬
痔に円座
携帯ウォシュレット
痔の本
脱肛にはこの商品
整腸剤
痔、お尻の消毒
便秘には
下痢には
サプリメント
健康食品
痔ろう体験記